作業療法士になるには

作業療法士になるまでの流れ

STEP01.養成校入学

高等学校卒業者(卒業見込み者を含む)、または大学検定など高等学校卒業者と同等以上の学力があると認められた者が対象となる。

養成校は全国で約201校(2019年度 出典:日本作業療法士会Webサイトより)
作業療法士になるための養成校は全国に約201校、定員は全部で7,686名になります。

STEP02.学内授業・臨床実習

大学・短大・専門学校で、修業年限は3年または4年です。養成校では作業療法士として必要な医学的知識や作業療法の専門知識・技術を講義や実習を通じて学びます。また、臨床実習では指導者の下、病院や施設で実際に患者さんを評価し治療する経験をします。その中で作業療法技術を学習するとともに一社会人としての総合的な能力も養います。

作業療法士のカリキュラムは「基礎分野」「専門基礎分野」「専門分野」に分かれており、医学的な基礎知識や作業に関する専門知識はもちろんのこと、福祉に関する知識や、社会学・心理学的な知識など、多岐に渡る知識を身に付けます。

作業療法士のカリキュラム
  • 基礎分野
    • 科学的思考の基盤
    • 人間と生活
  • 専門基礎分野
    • 人体の構造と機能及び心身の発達
    • 疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進
    • 保健医療福祉とリハビリテーションの理念
  • 専門分野
    • 基礎作業療法学
    • 作業療法評価学
    • 作業治療学
    • 地域作業療法学
    • 臨床実習

STEP03.養成校卒業

養成校を卒業すると国家試験の受験資格を得ることができます。

STEP04.作業療法士国家試験

国家試験に合格すると厚生労働省より作業療法士の免許が与えられます。国家試験は,毎年3月に実施されます。
試験は,基礎医学・臨床医学と作業療法の専門知識・技術について行われます。

  • 作業療法士試験合格率
    85.8%(現役92.8%)
    第54回理学療法士及び作業療法士国家試験の国家試験結果
  • 作業療法士就職率
    100%
    日本作業療法士協会Webサイトより

STEP05.作業療法士

上記の過程を経て、晴れて作業療法士になることができます。作業療法士の就職先は、病院をはじめ、地域の介護施設、福祉施設、あるいは大学の研究機関、特別支援学校などの教育の現場と、幅広い分野に渡ります。

幅広い就職先・社会のあらゆる場所で活躍
日本作業療法士協会Webサイトより
愛媛県内作業療法士養成校一覧
名称 郵便番号 所在地 電話番号
愛媛十全医療学院 〒791-0385 東温市南方561 089-966-4573
四国中央医療福祉総合学院 〒799-0422 四国中央市中之庄町1684-10 089-966-4573
河原医療大学校 〒790-0005 松山市花園町3-6 089-915-5355
南愛媛医療アカデミー 〒798-0036 宇和島市天神町4-5 0895-23-7770