【活動報告】第18回公開講座 地域と人を結ぶ作業療法

公開講座を終えて

 2017年11月19日に松山市男女共同参画推進センターで、第18回愛媛県作業療法士会公開講座が開催されました。テーマは『地域と人を結ぶ作業療法~MTDLPが繋ぐ縁(えにし)の輪~』と題しました。参加者は、作業療法士をはじめ、他職種の理学療法士、介護士、栄養士の方々でした。

 講演では、甲南女子大学看護リハビリテーション学部理学療法学科講師で作業療法士の竹内さをり先生に『人は作業することで元気になれる~できる活動や参加を共に見つけ、広げる作業療法~』について講演して頂きました。他職種の方にも分かりやすいように、「生活行為向上マネジメント」の基礎的なところからプロセス、事例紹介などお話をしていただきました。講演を聞いて、対象者を多角的に見て、住み慣れた地域でその人らしい生活が送れるように支援していくことが重要であることを思いました。セミナーでは、県内の作業療法士の先生方による生活行為向上マネジメントの活動報告をして頂きました。実際に病院や訪問リハビリでの取り組みを知ることが出来ました。最後には、参加者された方を交えてのディスカッションを行いました。作業療法にどういった印象を持っているのかを知り得ることが出来ました。

 今回の公開講座では、一般の方や他職種の方々に作業療法を知って頂くいい機会になったのではないかと思います。

 来年度は発達障害をテーマに予定をしています。皆様のご参加を心よりお待ちしております。 

                               事業部  M・Y