様々な障害と作業療法

身体障害の作業療法

身体障害の作業療法では、骨・関節や神経・筋および内科的疾患などにより身体の機能や生活動作に支障を来した方々に対し、種々の作業活動を通して全体的に働きかけ、動き・筋力・巧緻性・持久力やバランスなど身体機能の改善を図り、日常生活活動の向上を目指します。また、残された能力を最大限に生かせるような道具の提供や家屋改造などにも関わりながら、生活の質を向上させる工夫や援助を行います。

発達障害の作業療法

発達障害の作業療法では、発達時期に障害を受けた子供たちに対し、遊びを中心とした種々の作業活動を利用して、個々の子供の発達課題や現在・将来にわたる生活を考慮した治療を行います。また、たとえ障害があっても家庭や学校、社会で生き生きと生活できるよう椅子をはじめとするいろいろな機器の導入や開発に関わり、家庭や学校関係者などに子供の発達を促す介助方法や遊びなどの指導・援助を行います。

精神障害の作業療法

精神障害の作業療法では、精神疾患により生活に支障を来した方々に対し、個別あるいは集団の場に関わります。現実的作業(遊び・ものづくり・軽作業・スポーツなど)、日常生活活動(調理・買い物・公共機関利用等)を利用し、コミュニケーション能力の改善、活動体力の向上、作業能力の改善などを図り、その人が失いかけた賢性の希望や自信を取り戻し、より良い生活が送れるよう援助を行います。

老年期障害の作業療法

老年期障害の作業療法では、疾患や老化による障害がある方々に対して、個々の生活環境や経験を生かした趣味的活動の季節の行事などを活用し、人や社会と交流する機会を増やすことで、老化による障害を最小限にとどめ、生き生きとした自発的な生活が送れるよう援助します。また家族を含め、お互いに納得できる生活が送れるよう、起き上がりやトイレ・食事などその人に合った基本的な生活活動訓練や家族への介助指導も行います。

地域の作業療法

地域における作業療法では、さまざまな疾患や障害を有する方々に対し、退院後などに「住み慣れた」ご自宅や施設などで再び生活ができるように、直接的な「日常生活活動訓練」や適切な「福祉用具・住宅改修」などで身の回りの環境を整えます。また、さまざまな専門職や行政・ボランティア・地域住民の方々などと連携・協働し、閉じこもりや転倒骨折・うつ・認知症に対する予防事業や、健康つくりなどの援助を行います。