作業療法士になるには

① 養成校入学

高等学校卒業者(卒業見込み者を含む)、または大学検定など高等学校卒業者と同等以上の学力があると認められた者

 

② 学内授業

大学・短大・専門学校で、修業年限は3年または4年です。養成校では作業療法士として必要な医学的知識や作業療法の専門知識・技術を講義や実習を通じて学びます。

 

③ 臨床実習

臨床実習では指導者の下、病院や施設で実際に患者さんを評価し治療する経験をします。その中で作業療法技術を学習するとともに一社会人としての総合的な能力も養います。

 

④ 養成校卒業

養成校を卒業すると国家試験の受験資格を得ることができます。

 

⑤ 作業療法士国家試験

国家試験に合格すると厚生労働省より作業療法士免許が与えられます。

 

⑥ 作業療法士